JHOとは

日本保健機関の
理念と目的

 

日本保健機関(JHO)の目的

人の幸せと世界の平和を実現するために根源的な原理と方策を究明し、その解答と情報と知恵を社会に提供していきます。その原理に基づいて、必要なすべてのことに取り組み、真の平和を実現させていくことがJHOの目的です。

 

平和の根幹

社会を構成する核となるのは、人そのものです。人が社会の根幹であるなら、平和を築くためには一人一人が調和し真の幸せであることが絶対条件です。したがって、人が心身健全で幸せで活き活きと過ごせる世でなければ、平和を望むことはできません。すべての人々が、心身ともに調和していることが、真の平和につながります。真の幸せと真の平和は、だれもが望み続けていることです。

過去の歴史の中で真の平和が一度も実現しなかったのは、核心である人の本質を見落としていたからです。人が変われば、すべては変わります。人が調和すれば、社会は自ずと調和します。そこから初めて、真の平和が顕現するのです。

現代は、人、環境、社会機構、政治、教育、産業などすべてが病んでいます。それを正し調和していくためには、人々の心と力の結束が不可欠です。

JHOは、どこまでもその方向を目ざしていきます。

 

日本保健機関の事業

JHOは、生命、精神、健康、能力、学習、スポーツ、芸術、社会生活、環境、業務、ビジネスなど、人が関わるあらゆることに関し根源を究明して、その原理と活用法を統合・体系化します。その理論とノウハウを活用して、生活の全ての面で円滑化・合理化をはかり、人々が心身ともに充実した豊かな生活ができるようサポートする事業を推進します。

人に関する根源的研究・開発と社会に反映するため推進

社会が必要とするものの開発

教育

訓練

広報

出版

流通

JHO 一般社団法人 日本保健機関
愛知県豊川市市田町東新屋11
活動:主に関東方面

お問合せ

JHO 理事長 プロフィール

細川順讃(ほそかわかずひろ)
1948年生まれ。総合医療コンサルタント。
東西医学、心身医学、食事療法(食養生)、伝承医療などを統合した総合的健康法を45年間研究。食養生と心身コントロール(ブレイン・リアリティ・メソッド「BRM」)を基本に、統合健康法の普及を行っている。
団体、医療関係機関、健康関連企業などで、健康指導、セミナー、講演などを行っている。講演、セミナーは、健康、精神、病気、老化、環境、危機対応など『人』に関する約600タイトルにおよぶ。

個別指導では、意識(BRM)、食事療法、身体調整法、生活環境改善など安全で有効な自己治療法の実践で、短期間で確実に治癒するよう指導している。45年間で約30000人の指導を行ってきた。その多くは不治の難病でありながら、自ら実践して健康を取り戻すことができた。
「人は生きているかぎり治らない病気はない。すべての病気は自分で治すことができる」が私の信条。

ブレイン・リアリティ・メソッド(BRM)は、のべ数千人の訓練を行い、健康、学習、スポーツ、人間関係、ビジネス、アートなど様々な分野で、活用されている。

健康関連企業においては、安全性・有効性・簡便性・経済性の条件を満たし、消費者の利益つながる良質な機器やサプリメントの開発を指導している。
現在は、住環境改善機器、食生活改善機器などを開発中。

すべての人が健康で幸せに暮らし、豊かで平和な世を顕現するために必要な確かな情報を集大成して世に提供する組織を興すため30年に渡り準備をしてきた。

主な著書は、

●『自然健康法』ホームヘルス研究会
●『梅醤たんぽぽ茶健飲法』共著・青春出版社
●『気と食・驚異のバランスパワー』主婦と生活社
●『食養生大全』共著・洋泉社
●『食べて元気になるレシピ』共著・永岡書店
●『万能・葛ガイド』(漫画) 生命科学21研究所
●『食養読本 女性編』共著・日本CI協会
●『食養読本 生活習慣病編』共著・日本CI協会
●『からだにいい塩 悪い塩』かんき出版
●『マインドフルネス瞑想』共著 マガジンハウス
●『薬なしで血圧を下げる』共著 扶桑社
●『新型インフルエンザに負けない体内環境革命』メトロポリタン・プレス

◇ 月刊「致知」2020.7月号(6/1発刊)に記事掲載「ウィルスに負けない体内環境づくり」
毎月115000人が読んでいる『人間学』の月刊誌
◇ 新型コロナ対策の実践本が、7月上旬に発刊予定。
「免疫力をアップして病気や病原体からカラダを守る」ムック版・扶桑社